今回は、諫早市旭町にある築34年、32坪2階建て鉄骨造テナント物件です。

先週契約し、2月頃の引き渡し予定。

手があまり入っておらずリフォーム前提です。

先ずは収支を見てみます。

購入価格は750万円ですが、150万円のリフォーム代を加味しての収支です。

物件の稼ぐ力を示すFCRは8.1%、想定利回りは16%です。

現状、飲食店の出店需要が高く、入居は飲食をメインとして想定しています。

現金の購入で、想定通りいけば10年程度で回収します。

当土地は角地ですが、角地ではない隣の同じようなサイズ形の土地が数年前に購入価格ぐらいで売れてます。

土地の価値があるので最悪の場合でも大けがはせず、想定通りいくと十分利益が出ると判断しました。

万が一テナントが埋まらなくても、毎年100万円程度の減価償却が可能で、少なくても節税効果はあります。

想定としては10年前後実質の利回り10%で賃貸し、その後購入価格ぐらいでの売却をするイメージです。

2月の引き渡しが待ち遠しいです。